hand-brain:手仕事チャレンジ

「目覚めよ!脳」と唱えつつ、趣味の手仕事始めました。

ちょっと縫い目の大きなペンケース

初めてファスナーをつけた

家庭科でファスナー付きのスカートを作った時には、母に丸投げした記憶がある。よって初めてファスナーと格闘した。

なみ縫いしようにも固くて針が刺さらない→縫い目が大きくなりました

下が完成したペンケース。作り方説明書よりはるかに大きなステッチとなった。でもちゃんと開閉できるし、立体的に空間も保っているし、自分が使う分には支障ないし・・・と不守備なところにはしっかり目をつぶり、できたできたと喜んでいる。

初心者がフェリシモお裁縫レッスンで作ったペンケース

なんとかペンケースの形になった

手縫いでのファスナーづけはとにかく針が刺さらない。縫い進むうちにだんだん針の間隔が広くなっていく。こんな時、「指ぬき」と言うアイテムが活躍するらしい。急ぎ調達せねば。

クッキングペーパーを当て布にアイロンがけ

ペンケースを作るにあたって、避けては通れない接着芯のアイロンがけがあった。ついに購入したアイロンの登場である。

さて、アイロンシートは準備していたものの我が家には当て布がない(どんな布でも良いのかな?)。フェリシモの説明書にクッキングペーパーを当て布に使うべしと眼から鱗のアドバイス。確かにこれは使える。

アイロンの当て布にクッキンングペーパーを代用

当て布のことは頭になかった・・・・。

ガタガタ線引き

無事接着芯を貼り終えたら、ラインを引いていく。同じレッスンの会で作るガマグチもここまでは同時進行。

各所で測り間違い、ラインは乱れ気味。何度も書き直したところは表までインクが滲んでしまった。(でもインクは水で消えるのだ)

間違いだらけのライン引き

いっぱいいっぱい間違えました

縫代の横幅があいません

気を取り直して、カット、ファスナーづけとチクチク開始。

ファスナーを取り付けた時点で上下を合わせてみると、ぴったり会うはずだった縫代の横幅がずれてきていた。

縫ってるうちにずれたらしい

上と下がぴったり合わなくなってしまった

でもまあ、縫代に余裕があるし、なんとかなるさと作業を継続。
めでたくなんとかなって、ペンケース完成の運びに。よかったよかった。

ペンケースは裁縫道具入れに

完成したペンケース。裁縫道具仲間と一緒の方が寂しくなくていいよね(愛着が出てきていつの間にか擬人化されてます)とチャコペンやリッパー、目打ちや紐通しをお腹に格納することになりました。

完成したペンケースをチャコールペン入れに

細長い裁縫グッズの格納にぴったり